ネーム美塾潜入レポート

漫画を描く上で絶対必要となってくる”ネーム“…皆さんはどのように制作していますか?
漫画には画力も必要となってきますが、魅力的なネームがないとそれを十分に発揮する事が出来ないのです…!

ネーム美塾では、魅力的なネームを制作するコツを伝授しております!
果たしてどんな内容なのか…?
今回は、そんな気になる授業内容を潜入レポートしてまいります!

1,3,4日目は「福原蓮士先生」が担当されます。
福原先生は「煉獄ゲーム」で原作を務めていた、ネームのプロフェッショナル!
あのドキドキハラハラ感を生み出していた作者さんに、読者さんを惹きつけるコツを聞き出さない手はありません。

ネーム美塾初日、張り切っていってみよー!

―「桃太郎」レボリューション―
ネーム美塾では、あの「桃太郎」を軸にネームを解説していきます。
が。
ここで福原先生の本領発揮!
「桃太郎」のお話を更に魅力的に魅せる、福原先生オリジナルの新しい「桃太郎」のネームの登場です。
これが実に面白い!とても漫画的で、かつ桃太郎の話の軸はぶれておらず、更に新要素まで…
なんでこんなネームが仕上がるの~!?

―ネームに大切なもの…―
ネームとなれば、やはり大切なのは「ストーリー」…だと思いましたか?
もちろん私もそうだと思っていました。
しかし!なんと魅力的なネームには”アレ”が大切だったのです…!
それは、授業で知る事が出来るのでお楽しみに…♪

1日目には、簡単な課題が出て
それを元に2日目の授業を行っていきます。
課題をやる時間がないよ~って方も大丈夫です!
途中まででも、きちんとしたアドバイスがもらえますよ。

―どんな先生?―


福原先生はかなりの分析型。
長年の経験から事細かに分析されて、それを確かな情報として私たちに伝えてくれます。
だからといって難しい事はなく、なんだかとっても分かりやすい!
それは、私たちの「分からない」までもを分析されて
どこが不安なのかを理解した上で、寄り添ったアドバイスをしてくださるからなのです。

1ヵ月の授業ですが、安心して楽しく授業を受けていきましょう!

2日目を担当されるのは「稲田晃司先生」。
キャラクターデザインなどを多く手掛けていらっしゃるんですよ!
そんな先生がお教えするのはもちろん!「キャラクターデザイン」について。
ネーム“と”キャラクターデザイン“…関係なくない?と思われたそこのあなた!侮ることなかれ!!
キャラクターデザインを制する者がネームを制する!かもしれません…!

―キャラクターデザインの真髄に迫る!―
1日目に出た課題を元に、キャラクターデザインに入っていきます。
私はなんと全然出来ておらず…授業になるのか…!?と不安だったのですが
先生が1人1人に、こうしたらどう?こんなのはどう?とアドバイスをしてくれるので
自分には無かった引き出しも見つけながら、授業に入る事が出来ました。

―取り出しましたるは一本の「筆ペン」―
さて、このキャラクターデザインは少し特殊な方法でデザインをしていきます。
まず“筆ペン“を使います。
筆ペンだと、キャラの表情や服装…細かい所描けないよ~と思ったのですが
なんとそこがポイントだったのです。
筆ペンを使いガッシガシ描いていきます!
何をって?それはキャラクターの”アレ”ですよ!
ぜひ授業で謎を解明しましょう!

―どんな先生?―


稲田先生の授業は、とにかく軽快に楽しく進んでいきます。
先生からポンポン繰り出されるアイデアに、どんどん引っ張っていってもらえるので
自分ではなかなかアイデアが思いつかない…という方も
安心して授業を受けることが出来るんですよ。

3日目は「コマ割り・演出のコツ」についてやっていきます。

1,2日目で魅力的なネームを作る方法を覚えたところで
次は、その魅力的なネームを更に魅力的に魅せる方法について学んでいきます。

―「演出」で輝くネーム―
いくら素敵で面白いネームが出来ても、演出の方法を間違えてしまうと台無しです。

皆さんは漫画を描く時、コマの大きさ、数、その中の情報など意識された事はありますか?
なんとこれらには、ちゃんとした法則があるんですよ!
それを守れば、あら不思議。
あなたのネームが2倍にも3倍にも素敵に見えてくるのです…!

福原先生による確かな分析による1つの答え…
これを私たちは1つの方法として取り入れる事によって
今よりもっともっと素敵なネームが描けることでしょう。

―学んだ事をアウトプット!―
授業では、先生が用意してくださったプロットを元にネームを作る作業があります。
学んだ法則を即座に試す事によって、より深く理解出来るわけですね。
たった2ページのネームなので構える必要はありませんよ。
時間内に出来なくても大丈夫!
出来たところまででしっかりアドバイスを頂けます。

そしてここまで学べばついに!
次はネームを描く作業に入りますよ。
各自宿題になってしまいますが、学んだことを生かして頑張りましょう!

最終日がやってまいりました!
各自描いてきたネームのお披露目会です。

―16P描いてみよう!―
16P程度を目安に自由に描いてきて大丈夫です。
せっかくなので、今まで学んだ事をもりもり盛り込みましょう!

今回は、30P描いてきた方、完成途中の2Pまで描いてきた方、お忙しくて1Pも描けなかった方と様々でした。
描けたら描けた分たくさんのアドバイスを頂けます!
途中まででもそれ以降どうしたらいいのか、一緒に考えて頂けることでよりスムーズに続きが描けますね。
描けてなくても大丈夫!他の方のアドバイスを客観的に聞く事で、自分に置き換えた時どうなるかが見えてきます。

―意見交換で更にパワーアップ―
ネームの講評の際は、一緒に受講されている方々の意見も聞けたりと
読者さんに近い意見が聞けるのが嬉しい所です。
どんどん意見交換して自分の作品を良くしていきましょう。

―「ネーム美塾」を終えて…―
こうして最終日を迎えたネーム美塾。
1ヵ月を通して学ぶ事で、多くの時間ネームと自分に向き合うことが出来ました。
自分の足りなかった所を見つめ直したり、自分の知らなかった技術を手に入れたり…
また、逆に言えばたった1ヵ月でネームのノウハウを習得出来てしまうなんて…!

ネームは漫画を作る上での第一歩です。
そこで躓いて立往生してしまってはもったいない!
ネーム美塾で、乗り越える方法を知り世界を広げましょう。
あなたの作品は、もっと輝けるはずですよ。