ネームのすべてを知る講座 

long_ne-mu_201805

ネームのすべてを知る講座  5~7月(毎週日曜日)

ネームのすべてを知る講座 5月13日~7月29日(日曜日)
お申し込み状況 : 余裕あり
¥129,600(税込)
数量
  • 商品詳細

全12回で講師6人の贅沢講座!!

・『とにかく最後までネームを描きたい!』という方。
・漫画の基本を学びたい方。
・自分のネームをよりブラッシュアップしたい方。
・デビュー、連載を狙っている方。

自分の納得のいくネームを一本、とことん講師と作り上げてみませんか?

キャラクター・原作・構成・演出・作画のプロフェッショナル講師を迎え、
ネームに必要な知識と構造を身に付けられる実践的な講座です。

『納得がいかずいつもネームでつまづいてしまう』『描きたいシーンはあるけど構成ができない』
『とにかく面白いネームが描きたい!』…漫画を描く上で、ネームは非常に大切な要素ですが、
だからこそ悩みが尽きないものです。アシスタント背景美塾では、多岐の分野にわたり活躍する講師が
集うことで、さまざまな角度からネームの講義・添削・提案をしてまいります。

講座概要

時間:毎週日曜 13:00~17:00(4時間) 講義・添削 、各2 時間
期間: 3ヶ月間、全 12回(毎週日曜日) 
講座開始日:5月13日(日)
講座授業料: 129,600円(税込み)
定員: 8名(2名以下の場合授業不成立となります)

◆中期講座、多講師制ならではの丁寧なサポート体制で皆様のネーム一作一作に真摯に向き合います。
◆カリキュラム内で、32ページ(読み切り一作・または新連載第一話相当)の完成度の高いネーム作成を目指します。

講座の流れ

1.キャラクター・テーマ
2.ストーリー構成・プロット
3.ネーム実践
4.コマ割り・コマ演出
5.ネーム演出・キャラ演技
ネームに必要な5つの要素を、それぞれの分野のプロフェッショナルから学ぶことができます。

中期ネーム講座のポイント

なぜ32ページの漫画を描くのか
漫画のページは自由ですが、プロの作家さんはイメージした枠の中と定められたページ数の中で作品を作り上げていきます。
32という数字の中で作り上げてしまえば後はそのメソッドでページを変えることが出来ます。
初めから高い目標ではなく、多くの漫画家が試された数字とも言えるのです。
創作において非常に実用的知識と応用の幅が広く、作劇法の習得にもってこいの講座となります。

ネームを作り上げられない原因とは
『何をどうやって描き始めて良いのかわからない』というまったくの漫画初心者の方から
『面白いネームを描きたいがあまり、筆が止まってしまう』というプロ志向の方まで、
様々な疑問や問題を解消するためこれまでのご自身のやり方を振り返り研究していきます。
ネームに対しフラットな状態になったうえで、強力な講師陣から講義を受け新たな視点でネーム制作を行います。

担当講師

キャラクター講座
稲田 晃司

GIANT KILLINGを連載するツジトモ先生のもとでチーフアシスタントを務め、その傍らPlaystayion2用のゲームソフト『大奥記』のパッケージやキャラクターなどのイラストを手掛け、イラストレーターとしても活躍する。2013年には、ハルタの紙面で自身の読み切り作品『クロエ』が掲載されるなど、作家としてマルチに活動する。

ストーリー構成・プロット
福原蓮士

2009年に別冊マガジン『ウィザードリィZEO』や2012年には月刊ドラゴンエイジで『ライジン×ライジン』の連載で作画を担当。ヤングマガジン海賊版にて「煉獄ゲーム」の構成として担当しつつも、月刊ドラゴンエイジにて自身のオリジナル作品「御伽のレガリア」と二本の連載を抱える。

ネーム実践
柚木元

背景美塾大長編講師、和光大学非常勤講師、東京工学院専門学校マンガコース講師、ヒューマンアカデミー通信講座講師など、現在数多くの漫画専門の学校で教鞭に立ち、数多くのデビュー者や連載作家を輩出した。

ネーム実践
松島 幸太朗

1996年、週刊少年チャンピオンにて前後編「エースナンバー10」でデビューし、その後少年チャンピオンで「ショー☆バン(森高夕次 原作)」 (全33巻)や「ストライプブルー(森高夕次 原作)」(全11巻)の作画担当として長年活躍し、作画担当として文章からネームを描き起こすコツなどに精通。

コマ割り・コマ演出
深谷陽

1994年、講談社の新人漫画賞「ちばてつや賞」において、「神様の島の愛ある食卓」が入選。「運び屋ケン」(全4巻)「P.I.P.〜プリズナー・イン・プノンペン〜」(単巻)「スパイスビーム」(単巻)他多数の作品を発表。「ティガチャンティック〜三匹の妖怪少女〜」(WEB)戦国武将列伝(リイド社)等、不定期連載中。

ネーム演出・キャラ演技
高野つよひと

少年ジャンプ赤塚賞受賞後、読切「まげちょん」「世界しーん」掲載。一方で、エンターテイメントを多角的に勉強するために芸能事務所で映像制作に携わりプロデューサー、映像ディレクター、 制作なども担当。 映像のノウハウが漫画にも応用できると気付き、漫画業界にも広めたいと思うように。

 

 背景美塾が今まで培ってきたノウハウ×多講師少人数制による丁寧なサポートで、
一生困らないネーム力をはぐくんでいきませんか?
皆様と良い作品を作り上げるために、講師スタッフ一同心より尽力してまいります。

 

講座要素 アイコンの詳細はこちら