マンガで3D素材を活用する50のポイント

kouza_3dsozai50

マンガで3D素材を活用する50のポイント 2018年10月開催

マンガで3D素材を活用する50のポイント 2018年10月7日 13:00~16:00
お申し込み状況 : 余裕あり
¥7,560(税込)
数量
  • 商品詳細

講座要素 アイコンの詳細はこちら

icon_anypne-ok

講座の対象

クリスタ、コミスタで3D素材を使ったことがあるけど、
ちゃんと使えているのかな……、もっと使いこなす方法が知りたい!
あわよくば自分でも素材を作ってみたい!
そんなもやもやとした気持ちと解決する3D講座です!

北野 弘務先生

  • 主な内容
    素材同士を組み合わせて「改造」して使うことで、
    3D素材を使ったマンガ制作の幅を無限に広げていきます!
  • 前編
    <実際に3D素材を改造してみよう!!>
    様々な3Dソフト(modo、lightwave、maya、MAX、ZBRUSH、SHADE、Blemder、メタセコイア)の
    使い方を知ることで、3Dデータをマンガ用素材にする方法がわかります!

  • 後半
    <クリップスタジオを使って3Dを操作してみよう!!>
    CLIP STUDIO PAINTを使用して3D素材を配置、レンダリングをする方法、
    マンガ用に3Dを使っていく方法をご案内します!
    ※クリップスタジオ専用形式の3D素材は改造できません。

担当講師


北野弘務(Twitter

  • 講師略歴
    ヤングマガジンにて『煉獄ゲーム』1~6巻(完結)を作画担当で連載。
    アシスタントとして正吉良カラク先生の『カグツチ』、久保ミツロウ先生の『モテキ』・『アゲイン!!』を担当。
    他、アンソロジー作品や書籍カバーイラストの業務実績あり。
    現在はマンガ・アニメーション用3Dモデルの受注や、ハイクオリティなマンガ背景素材の制作を
    Twitter上などで行っている。

講座時間

1日3時間

注意事項

講座では講師によるCLIP STUDIO PAINTを使用した座学講義になります。
実際にソフトウェアを使用して3Dの操作ができる講座ではありません。