Hi-K1グランプリ 受賞作品

現在、第5回Hi-K1グランプリのエントリーを受付中です!

漫画の背景。それは、なかなか注目されるものではありません。しかし、漫画の作品を魅せていくためには必要不可欠なものです。
そんな背景に注目をして頂こうといったことから、Hi-K1グランプリを開催しています。

ここでは、過去に受賞された作品を紹介させていただいてます。

現在、第5回Hi-K1グランプリのエントリーを受付しています。
■第5回開催概要はこちら
■エントリーはこちらからお願い致します。

第1回 Hi-K1グランプリ 夢のあるorない50年後の家

第1回 グランプリ 佐原ナギさん

塾長からひとこと
圧倒的な描写力で描かれたツリーハウス。細部にわたって楽しんで描かれているのが分かります。ここに行ったらどこから上ろう。屋根にあるドアにいくにはどこから回り込んで行こうか。表札や風見鳥が三つあるわけ…。一つの絵からいくつもの物語が見えてくる魅力の詰まった背景です!
原稿制作 : アナログ

第1回 準グランプリ みけちくわさん

塾長からひとこと
未来、宇宙、夢。理想を純粋に描き切った作品。宇宙船の中の細かいデザインは丁寧でリアル。また対象的に、ポップで遊びのある星々が魅力の背景。描きたい世界を全く妥協なく描かれた、未来への希望があふれる力作です!
原稿制作 : アナログ

第1回 3位 萱嶋雄太さん

塾長からひとこと
緻密さと力技で描き上げられた希望のない未来。巨大都市が隕石によって破壊される臨場感を、スケール感と構図の取り方でさらに煽っていて、映画の一場面のような迫力を背景で再現されています。「描きたい!」という願望が詰まった作品です。
原稿制作 : デジタル

第1回 4位 なをこさん

塾長からひとこと
とても和やかで、のんびりとした未来をおしゃれなタッチで描き上げています。ふたりの会話を想像したくなる瞬間の切り取り方、場面のトリミングのうまさ。見ていて飽きない穏やかな気分になる気持ちのいい作品です。体がふやけそうなので長風呂は注意です。
原稿制作 : アナログ

第2回 Hi-K1グランプリ 理想の仕事場

第2回 グランプリ 佐廣大和さん

塾長からひとこと
遊び心と自由さ、ユーモアがぎっしり詰まった傑作。「ワクワクの共感」がいたるところに散りばめられていて、見ている側が笑顔になります。何か懐かしさや、子供の頃の純粋さを思い出させてくれる力のある背景になっています。このマンガ読みたい!という文句のなしの”扉絵”です。
原稿制作 : アナログ

第2回 準グランプリ イイジマハルさん

塾長からひとこと
やわらかな光と、清涼感のある空気を感じることができる背景です。犬を撫で、庭を眺めながら仕事をして、陽のあたるテーブルで一息ついている。描かれていないはずのキャラクターも見えてくるようで、世界に入り込みたくなる気持ちの良い背景です。
原稿制作 : デジタル

第2回 リッポウちゃん賞 萱島雄太さん

塾長からひとこと
自分の寝ている間に小さなロボットたちが働いてくれている(漫画さえも描いてくれる)夢のような職場です。奥行き感のある構図で、まずは正面の人物に目がいき、周りのロボたちに目を向けさせる。まるで画面が動いているような、絶妙な背景です。
原稿制作 : デジタル

第2回 アマチュア賞 早名ロクさん

塾長からひとこと
広々とした空間に膨大な本。手前にある雑然と置かれた本と柔らかい陽が差し込む机。まるで図書館のような夢と理想の書斎。影と光のコントラストが空間を彩っていて、居心地が良さそうな背景になっています。空間を共有したくなるいい背景です。
原稿制作 : デジタル

第3回 Hi-K1グランプリ 理想の魔王城

第3回 グランプリ 萱嶋雄太さん

塾長からひとこと
稲妻の柱の立つ闇間を行く魔王城。雲の隙間をよく見ると下に小さく描かれた街。魔王城のスケールの大きさは強大な力を想像させ、グイグイ引き込まれていく魔力に気づくとき「恐ろしさ」を体感します。音もなく近づく魔王城、そのスピード感や立体感は圧巻です。
原稿制作 : デジタル

第3回 準グランプリ 千尾牛さん

塾長からひとこと
凍てつく地にそびえる剣山のような城。近寄る者を拒み傷つける魔王城。そこに翼のある竜に乗って乗り込もうとする主人公。その目線になった場面が描かれます。吹雪による魔王城の恐ろしい共鳴音が聞こえてきそうな、息を呑む背景です。
原稿制作 : アナログ

第3回 リッポウちゃん賞 吉原幽閣さん

塾長からひとこと
ドクロと鬼。音のない阿鼻叫喚。そこにある地獄。積み重ねられたドクロの山から沸き返る怨念と魔力が作り上げた、おぞましい魔王城。点描やカケアミ、緻密な描き込みが凶々しさを増幅させます。どこか漂う妖艶さと神々しさがこの作品の魅力です。
原稿制作 : アナログ

第3回 アマチュア賞 時雨かのこさん

塾長からひとこと
儀式により月から滴る魔力、その湖に浮かぶ取り憑かれたような魔王城。大蛇の叫びは静寂に溶け、城の軋む音だけが波間に浮かぶ。無数の目玉は邪悪さなのか、それとも助けを乞うて見開かれるのか。繊細なタッチから生まれる静けさに、思わずそっと息を潜めてしまう、そんな背景です。
原稿制作 : アナログ

第4回 Hi-K1グランプリ 理想の荒廃都市

第4回 グランプリ 天川マナルさん

塾長からひとこと
荒廃した梅田スカイビル。崩れた天空庭園の向うには、終末を迎えた街並がひろがる。大阪やアラブの様式を融合させた街並は独特な世界観を作りだし、構図が活きた描き込みと陰影が絵に重厚さを出しています。絵をよく見ると街には市が立っていて、人々の生活の様子も…。物語が続いていく、力強い背景です。
原稿制作 : デジタル

第4回 準グランプリ 千尾牛さん

塾長からひとこと
荒廃した都市は緑に包まれ、人口の街は自然へと還っていく。木漏れ日はまるで祝福しているかのような光を讃え、再びゆっくりとした時間が流れる。細かさやベタのバランス、空間の見せ方や配置がうまく、情景を余すところなく描いた良作です。
原稿制作 : デジタル

第4回 リッポウちゃん賞 吉原幽閣さん

塾長からひとこと
荒廃した異世界。城のある城下町は爆破により戦火に見舞われている。ガスマスクをつけた女性兵士は休息をとりつつ、それを見つめる。何者による戦なのか、兵士が何を想うのかはわからない。その混沌が空間美と緻密さで描かれ、細部に秘められた物語の暗号を読み取る楽しさのある背景です。
原稿制作 : アナログ

第4回 アマチュア賞 空雪さん

塾長からひとこと
近未来。荒廃した高松駅。自然は建物を朽ちさせ包みこむ。水面上昇によって人類は地球外へと移住したのか。はるか向うに見える宇宙エレベーターはそれを物語っている。自身の思い出の場所を荒廃させ、より感情を込めた背景へと昇華させた作品。理想を詰めた「荒廃」に作品の強さを感じます。
原稿制作 : アナログ