大長編

長編ではアシスタント背景美塾の授業をすべて受けていただくと共に、更にワンランク上の授業を経て、確実な画力向上を目指します。

また、背景美塾の特徴でもある実践型の授業を多く配置し、作品作りに役立つ実践的かつピンポイントな技術の使い方を、現役のプロアシによる授業で身につけていただきます。

他では味わえない、第一線のプロの眼力を体感して下さい。

後半はオリジナルの作品作りがメインとなり、プロ仕様の作品制作を行う内容となっております。

背景美塾を選ぶ3つの理由

大長編は、独自のカリキュラムで社会人の方が働きながら学ぶことができます。マンガ制作におけるスケージュールを考え、必要な講座を配置しマンガ現場で通用するスキルを指導いたします。従来のマンガ指導にはない、既存の枠を超えた実践的な講座内容となっています。

プロの技術を身につけ作画スキルの向上を!

背景美塾での半年間で得る刺激とひらめきは、ご自身の作画技術への「手応え」となります。今後の漫画制作への階段の二段上がりを実感して下さい!講師は、週刊漫画アシスタントのチーフ級の「実践型講師」ばかり。少人数制で皆さんのスキルを、引っ張りあげて最大限に後押しします! 

背景美塾の授業は、「楽しむこと=学び」

漫画のイメージ力からアナログの作画基礎、デジタル作画の応用までを一貫して行う事で、通常授業以上に作品作りの楽しさを、より感じ、より伸ばすことができる授業スタイルです。さらに、漫画制作に必要なネームや構成力、キャラクターデザインを通して、漫画のトータル
テクニックを磨き上げ「原稿完成力」を養います。

作品を創ることへの「自信」をつける。

独学で学ばれている方の一番の不安要素は、「これで本当にいいのだろうか?」という漠然とした不安感です。
大長編では背景美塾が行う主要な講座が網羅されており、これを受講し実際に作品を仕上げていくことにより、技術の向上とともに期間内に作品を完成させるということが自信となります。

開 催 期 間

火・水曜 夜コース

平成30年6月頭~平成30年12月末(週2日・火曜、水曜)

授 業 時 間

昼コース 9:00~12:00

夜コース 18:00~21:00

募 集 定 員

各コース8名

受 講 料

¥448,000
お支払方法についてはご相談ください。

応 募 条 件

高等学校卒業以上の方
未成年の方は、親権者様記入による同意書のご提出をお願いしております。

受講三大特典

■受講後、背景美塾が主催する講座の受講料が続けていける限り10%OFF

■大長編受講期間中はまんが道場の時間を自習に利用可能

■受講期間中は、オンラインによる個別指導が受けれる

授 業 日 程・内 容 詳 細

授業日数:合計48日(予定)

※授業日程、内容は進捗によって変わる可能性がございます。

1ヶ月目

背景基礎

2ヶ月目

ペン入れトーン基礎

デジタル導入基礎

クリップスタジオ基礎:クリスタの特性、ツール基礎

3ヶ月目

背景作画

ペン実践:効果線・集中線

クリップスタジオ基礎:パース定規基礎

4ヶ月目

パース実践・応用

オリジナルネーム制作開始

キャラクターデザイン

ネーム添削会

5ヶ月目

オリジナル原稿制作開始

原稿作画応用、実践

クリップスタジオ実践

6ヶ月目

クリップスタジオ実践活用(細部テクニック)

原稿講評会

卒塾式

他に特別講義の割引や授業外でのサポートや添削などもご用意しております。

卒塾生へのサポートや添削など、強力にバックアップ致します!

大長編の説明会を定期的に行っています。
現在は6期生(2018年6月~12月期)を募集中です!

大長編 受講生様の声

大長編を受けるきっかけは、単純に漫画のレベルを上げたいという軽い気持ちでした。絵の 勉強もやってこなかったので、一回ちゃんと受けてみようかなと、ふわっとした感じです。 授業は基礎からわかりやすく説明して頂き、少人数ですので質問もしやすく、勉強をしたこ とが無くても安心して授業を受ける事ができました。 熱意ある授業を受ける中で、自分も一生に 1 回はアシスタントやってみたいと思うように なり、出版社へ持ち込みをしました。 それを縁に声がかかり、大長編で勉強しながら課題の読切りを作り、その作品でデビューす る事ができ連載まで決定しました。 作品や担当さんとのやりとりで、とても迷ったり悩んだりしましたがすぐ先生に相談する事 ができて助かりました。 また、憧れていた作家さんのアシスタントも経験する事ができました。 背景だけではなく、先生のサポート、受講生との交流、楽しくてあっという間の半年でした。 大長編のお陰で漫画家になれて感謝しています。
吐兎モノロブ さん
大長編第2期卒業 創刊 30 周年記念ヤングキング新人漫画賞「paper man」期待賞 連載「少女境界線」アワーズ GH12 月号より(少年画報社)
一昨年の 10 月に 2 期生として大長編に参加させて頂きましたが、一昨年の今頃は自分が月 刊誌で連載を持つことになるとは想像だにしていませんでした。 当時の自分に漫画家としてデビューしたいという意志は希薄で、どちらかというと漠然と絵 で日銭を稼げるようになりたい程度の目標しか持ち合わせていませんでしたから。大長編で は前田先生を始め、一線でアシスタントとして活躍するプロの講師の方々から直々にすぐに 現場で通用する確かな技術を学べます。それは僕自身が丁度受講期間中にアシスタントの仕 事に入る機会があったことで肌で実感することが出来ました。 また各々目標は違えど「自分の漫画が描きたい」という志の下、創作意欲に満ち溢れた受講 生の方達と時に協力し合いながら課題に取り組む体験が何よりも大きいです。 漫画家に限らず何かを作り出す人間にまず必要なものは道具や知識以前に人の集まる「場」 だと思っています。そういう意味では大長編は刺激に満ちた素晴らしい環境を僕に提供して くれました。 単なる技術講習に留まらず、多大な創作へのモチベーションとインスピレーションが得られ る、そんな「場」であると言えるでしょう。
北国良人 さん
大長編第 3 期卒業生 デジタル BL 誌「コミック マージナル」(双葉社) 2017 年 8 月号 11 月号「狐の婿入り」を前編、後編と配信中。 次回作に向けて鋭意制作中。
大長編には本当に感謝しています。 前田先生の初級講座では、初心者向けのパースの基礎から、アシスタント現場ですら中々教 えてもらえない超実践的な背景作画技術、描くのが楽しくなってくる作画の心構えを教えて いただけました。前田先生はどんな質問にも具体的な答えを出してくださるので、「自分で も違うのは分かるんだけど、何が違うのか分からない…」という作画のストレスが、次々に 解消されていきました。 続いてアナログ作画やデジタル作画に必要な技術、デジタル作画ソフトの活用法、パソコン のセッティングまで教えていただけました。一回一回の授業の密度が非常に濃く、本来は何 年も描き続けて見つける技術を、丁寧に言語化して伝えてもらえます。その日教わった技術 がそのまま使える!という感じです。自分の表現力が急速に拡がっていくのが実感できます。 描きたいけど、ちゃんと描けるか不安だという方に、大長編はぴったりです。
中山ゆき さん
大長編第4期。小学館新人コミック大賞「ベンチウォーマーズ」 にて佳作を受賞。 少年サンデー2018年 No2 にて発表。