MENU

映像的な演出力で、漫画がここまで変わる

読者に刺さる表現演出

¥7,700(税込)

読者に刺さる表現演出
読者に刺さる表現演出

読者に刺さる表現演出 視聴期間 : ご購入から365日まで

講座内容

映像業界のノウハウを、漫画に反映させるテクニックをご紹介します。

人気作品を例に上げ、演出の表現方法を理屈で解説しています。

さらに、演出における様々な技法を学べる動画です。



演出の力とは、意図を強調し、心理誘導させることです。

この様な演出の概要を理解した上で、映像的な演出を学びます。


例えば、

「演出のアプローチ方法」

「映像的な演出を漫画のコマ割りで表現するには」

「心情をコマ割りで表現できる方法」

「演出プランを感じさせるには」

などがあります。



映像画面の盛り方を学びながら、

漫画制作における演出の幅も広がる内容が盛り沢山です!



これまで感覚でやっていた演出が、言語化されて理解しやすくなり、

ご自身の漫画へ応用できます!


講座の流れ


はじめに:演出とは

・演出の概要に気付きやすく、理屈で理解できるように体系化して覚えます。

・演出プランの理解や演出の心構えを学びます。


1章 画面の演出

2章 カット割りの演出

3章 時間の演出

・1〜3章では、映像のノウハウを漫画に活かす技法を解説します。




教材データをダウンロードし、レジュメに加筆しながら受けることができます。


こんな方を対象としています


・印象深く、余韻のあるシーンを作りたい

・キャラの心情を目立たせるには?

・コマ割りのパターンを増やしたい

・緊迫感や重要性を出したい

・盛り上がる演出を作るには?

・グッとくる漫画を作りたい


 

備考

担当講師

高野 つよひと

高野 つよひと

プロフィール

岐阜県出身。
少年ジャンプ赤塚賞受賞。読切「まげちょん」「世界しーん」掲載。
その後、芸能事務所で映像制作に携わる。BS日テレ「フットサルガールズ」プロデューサー、映像ディレクター、お笑い、アイドル、アーティストのDVD制作、アイドルイベント制作などを担当し、WEBライター、イラストレーターとしても活動。
映像や脚本のノウハウが漫画にも応用できると気付き、漫画業界にも広めたいという思いから漫画業界に戻り、マンツーマンの漫画講師として指導・添削を始める。
ヒューマンアカデミー、ピリカアートスクールでも講師として活動中。